転職理由で無難なみたいですが、スキルアップを図るためという理由が一番無難で、尚且つ、相手企業にマイナスのイメージを与えにくい理由ではないでしょうか。 例えば、人間関係のもつれから退職したとします。 そのまま人間関係が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)ということを転職理由にすると、相手企業側の人事の人は、「うちに入社しても同じような理由ですぐに退職してしまうのではないか?」と思ってしまうのです。 また、人間関係を修復することができず退職したと人事側は考えてしまうため、どうしても自分の第一印象をマイナスのイメージでとらえてしまうのです。 それに比較すると、スキルアップを図るためという理由なら、無難でありながらも、これからさらなるスキル(訓練によって身につけたものをいいますが、才能も関係してきます)アップを目指しているという前向きな印象を人事側に与えることが出来るでしょう。 無難でありながらマイナスのイメージを与えないというのが、転職理由を考える上で最大のポイントともいえるかもしれません。 人間関係や職場の待遇の不満などを理由に退職する人も数多くいますが、退職理由をそのまま伝えるのではなくて、無難な転職理由を考慮しておくと転職活動をスムーズに行うことができると思いますー